デザインスキルを身につけよう




このエントリーでは、講師業やコンサルタント業、youtube動画編集やブログ作成で必要になる、「デザインスキル」について解説しています。

PowerPointの表紙を見ただけで、スキルはバレる。

弁護士の方や税理士の方など、いわゆる士業の方が講師としてセミナーを開講されるとき、よくあるPowerPointの表紙がこれ。

あとは、ススキっぽいのとか…

別に、手を抜いているという意味で言っているのではなく、「ああ、デザインにあまり気を遣わない方なんだな」と思ってしまうんですよね。

逆に、私の知人のコンサルタントの方が作成(実際は秘書の方が作成していますが)される資料は、とにかく見やすいし、分かりやすい。

さすが顧問料が1カ月300万円の『コンサルタント』だと感心します。

ちょっと門外不出の資料なので、お見せできないのが残念ですが…そういう資料作りを目指したいところです。

PowerPointのデザインも、ブランディングに影響する

私もPowerPoint使い始めたのは、iPadを購入してからですし、それまでは全てWordでカタを付けていました笑

PowerPointのデザインにも多少こだわるようになったのは、やはり「プロのセミナー講師」としての印象を考え出したときからです。

PowerPointのデザインに役立つ5冊

そんなわけで、PowerPointのデザインに役立つ5冊をご紹介しておきます。
※iOSその他、Amazonをブロックされている方は見えませんのでご注意ください。

ネットでさっとカッコいいLPなどを検索しても良いと思いますが、それなりのルールを知っていると、それだけスキルアップが早いように思います。

急がば回れ。

セミナーで受講生の方に喜んで頂けるような資料作りをマスターするために、しっかりと基礎から身につけることをおススメします。

うーん、デザインのお話なのに、Amazonの画像の大きさが統一できないのがちょっとスキル不足の悲しいところです…




おすすめの記事